Xt16/R16


機種名 :PC-9821Xt16/R16                     
CPU :PentiumMMX-233(66MHz * 3.5 = 233MHz)
下駄  :PowerLeap PL-PRO/MMX(SVRM) ver4.0
クーラー:SANYO P5 用クーラー(改良金具でSocket7の爪へ固定)
ボード :

HDBENCH(2.41)による結果
(1024 x 768 x 65536)
  ALL   浮    整    矩    円  Text Scroll DD  Read Write Cache Drive
12637 13480 14309 26644 10047 22024  482  20  6019  5921 14814 A:10MB

IntelMedia Benchmark Ver.1.0による結果
 Overall   Video  Image Processing  3D Graphics  Audio
 101.58    97.97      308.58           73.85     142.49

HDBENCH(2.45)による結果
[mga.drv] MCLK=70 設定前
  ALL   浮    整    矩    円  Text Scroll DD  Read Write Cache Drive
12879 13474 14315 26752 10047 22151  482   6  6015  6008 16666 A:10MB

[mga.drv] MCLK=70 設定後
  ALL   浮    整    矩    円  Text Scroll DD  Read Write Cache Drive
15172 13474 14315 37365 11357 31369  688   6  5980  6012 16600 A:10MB


HDBENCH(2.56)による結果(system.ini に [mga.drv] mclk=70 を設定)
 ALL    浮  整  矩  円 Text Scroll DD Read Write Memory Drive
15337 16114 14281 37270 11271 31236  544  4 5995 5988 13381 A:10MB
15335 16039 14236 37258 11259 31339  543  4 6015 5995 13369 A:10MB
15353 16091 14257 37308 11344 31366  545  4 5935 5977 13378 A:10MB

HDBENCH(2.56)による結果(system.ini に [mga.drv] mclk=73 を設定)
 ALL    浮  整  矩  円 Text Scroll DD Read Write Memory Drive
15626 16091 14287 38733 11162 32535 563  4 5821 5821 13384 A:10MB
15658 16086 14281 38784 11305 32601 564  4 5807 5837 13382 A:10MB
15651 16101 14273 38781 11167 32682 563  4 5814 5827 13386 A:10MB

HDBENCH(2.56)による結果(system.ini に [mga.drv] mclk=75 を設定)
 ALL    浮  整  矩  円 Text Scroll DD Read Write Memory Drive
15895 16175 14302 39115 11426 33578 577  4 5980 6008 13385 A:10MB
15911 16088 14283 39373 11437 33581 575  4 5956 5998 13370 A:10MB
15946 16082 14251 39683 11374 33587 576  4 5988 6026 13370 A:10MB

Spec.
 Memory  :266M
 2ndCache:512 KB
 Graphics:フルカラー ウィンドウ アクセラレータ ボード X2/VRAM 3D対応 
          (Matrox Millenium) DirectX5ドライバ導入済み
 SCSI    :Adaptec AHA-294X/NEC PC-9821X-B02/B02L PCI SCSI-2
 IDE     :(nothing)

Drive
 AB = SEAGATE ST52160N--------Rev 0344----HDVS-U2.1G(I・Oデータ)
 CD = nEC DSE2100S------------Rev 0306----HDVS-2G(I・Oデータ)
 E = nEC DSE2010S-------------Rev 0314----HDV-2G(I・Oデータ)
 F = GENERIC NEC FLOPPY DISK
 G = MATSHITA PD-1 LF-1000----Rev A105----PDR-650(ICM[松下])PD
 H = IOMEGA ZIP 100-----------Rev D.13----IOMEGA
 I = MATSHITA PD-1 LF-1000----Rev A105----PDR-650(ICM[松下])CD

Etc.
 CRT---------Nanao FlexScan T567
 DSU-TA------ISDN Aterm IT 55DSU
 Printer-----Canon LBP730, etc.
 Mouse-------NEC Bus Mouse, MS IntelliMouse on 2nd Serial Port

備考1)
 このように、[mga.drv] MCLK=70  の設定で、ALL=15172 と 15000 を越えるようになりました。
 HDD が SCSI-2 で Ultra 対応ではないためと、Millenium は DD が苦手であるために、HDD関係と
 DD の数字が今一つですが、ALL が 15000 を越えたことは、大いに満足です。
 Oh!PC 2/1 号別冊付録でも、ALL=15000 超が、PC-98 MMX化のひとつの限界のように書かれて
 いましたので、我が PC9821Xt16/R16改MMX233 のパワーアップは、ひとまず、このあたりで
 小休止としようかな、と考えております。

備考2)
 Ver.2.560 では Ver.2.450 に較べて「浮」の数値が大きめに、Scroll と DD が小さめに出るようです。

備考3)
 ミレの VIDEO チップにSANYO クーラー(Pentium166 に付いていた 12V ファン+ヒートシンク)
 を取り付けました。
 また、PL-PRO(SVRM) Ver.4.0 に付属していた 12V ファンを、PCI バスの側のグレーチング
(筐体の穴がたくさん開いた部分)部分の内側へ取り付け、外気を吸入させるようにしました。
 ここから吸入された外気は、効果的にミレの VIDEO チップのクーラーへ流れます。
 さらに、内蔵ファイルベイ+HD冷却用の大きな 12 V ファンをスピーカーのそばへ移設し、
 グレーチングから外気を吸入するようにしました。(ALL SCSI 化により内蔵のHD、CD、
 ファイルベイ機器はひとつも使っていませんので!)

備考4)
 ULTRA 対応ではない SCSI-2 ですので、HD の値が低いことと、ミレは DD が苦手である
 ことは周知/衆知の通りです。残念ながら、mclk=75 では画面に少々ゴミが出ますが、
 mclk=73 では全くゴミはなく快調です。今回の冷却対策で、夏場でも MMX-233MHz、mclk=73
 で余裕を持って安定動作すること間違いなし、でしょう。

投稿者
MKAさん



機種名 :PC-9821Xt16/R16改                   
CPU :PentiumMMX-233(66MHz * 3.5 = 233MHz)
下駄  :MCUK-K6-L
ボード :

HDBENCH(2.42)による結果
(1024 x 768 x 65536)
  ALL   浮    整    矩    円  Text Scroll DD  Read Write Cache Drive
15674 13279 14090 36921 11711 30947  674  24  6351  4374 22726 A:10MB

Spec.
 Memory  :64M
 2ndCache:256KB
 Graphics:フルカラー ウィンドウ アクセラレータ ボード X2/VRAM (Matrox)
 SCSI    :Adaptec AIC-7870 PCI SCSI Controller
 IDE     :スタンダード IDE ハード ディスク コントローラ

Drive
 AB = QUANTUM FIREBALL SE4.3S Rev PJ09
 C = IBM DPES-31080           Rev S31Q
 D = IBM DPES-31080           Rev S42A
 E = GENERIC NEC FLOPPY DISK 
 F = NECITSU M2513A           Rev 1000
 Q = TEAC CD-56E              Rev 1.0E

Etc.
 シャープのスキャナーJX250W3とIO-DATAのGV-MTV98とPOWER-VR(PCX-1)
 およびS-MPU98とSC88VLを使用しています。

補足)
 P55CSUP.SYSを使用(SWITCHコマンドによりSCSIHDDに変更)
 ちなみに、mclk=70です。

コメント)
 K6-266も発売されているので、さらなる、パワーアップを図りたいのですが、PK686
 もMTSA-M1Tも大須のどこにも売っていないので、次に換えるCPUはC6プラスかC6-L2の
 266か300あたりをねらっていこうかと思っています。

投稿者
kidaさん


戻る