V200/S7


機種名 :PC-9821V200/S7C
CPU :PentiumMMX-200(66MHz * 3.0 = 200MHz)
下駄  :
ボード :

HDBENCH(2.42)による結果(MCLK=95)
(1024 x 768 x 65536)
  ALL   浮    整    矩    円   Text Scroll DD  Read Write Cache Drive
13288 11520 12235 28452  9462 22332   117   74 7100  6872 21504 A:10MB

HDBENCH(2.42)による結果(MCLK=100)
(1024 x 768 x 65536)
  ALL   浮    整    矩    円   Text Scroll DD  Read Write Cache Drive
13712 11522 12235 31212  9335 24456   128   74 6674  7017 20833 A:10MB

Spec.
 Memory  :64M
 2ndCache:
 Graphics:GA-PII8/PCI
 SCSI    :
 IDE     :UIDE98

Drive
 AB = WDC AC33100H           Rev 90.0
 C = SAMSUNG WA32162A        Rev GU10
 D = GENERIC NEC FLOPPY DISK 
 Q = SONY CD-ROM CDU511-NE   Rev 0.9g

投稿者
ZERO_Gさん



機種名 :PC-9821V200/S7C2            
CPU :K6-266(66MHz * 4.5 = 300MHz)
下駄  :MCUK−S
ボード :

HDBENCH(2.42)による結果(MMX-200時)
(1024 x 768 x 65536)
  ALL   浮    整    矩    円   Text Scroll DD  Read Write Cache Drive
11856 11516 12221 20189 11393 16204   91    74 8655  8257 18181 A:10MB

HDBENCH(2.42)による結果(MMX-200時)
(1024 x 768 x 65536)(補足2参照)
  ALL   浮    整    矩    円   Text Scroll DD  Read Write Cache Drive
13219 11532 12256 26991 12604 21906  125 157  8455  8441  16666 A:10MB

Spec.
 Memory  :32M
 2ndCache:
 Graphics:PC-9821 MGA-1064SG (Matrox)
 SCSI    :I-O DATA SC-PCI (Symbios Logic 83C815)
 IDE     :スタンダード IDE ハード ディスク コントローラ

Drive
 ABC = SEAGATE ST34555N      Rev 0930
 D = GENERIC NEC FLOPPY DISK 
 E = NECITSU M2512A          Rev 1500
 Q = NEC CD-ROM DRIVE:286    Rev 3.06

補足)
 K6化したマシンは、V200S7/C2で、強化箇所はSC−PCIと
 HD(Seagate ST34555N)だけです。
 K6−266をMCUK−S(MTSA−M1Tは使っていません)に乗せて、
 66*4.5の300MHz、2.5Vをかけて連続96時間安定動作しました。
 HDbenchの値も計りたかったのですが、MCUKのピンを折ってしまい
 計測できませんでした。(今はMMXペンタ200に戻してます)

補足2)
 system.iniに[amtx95.drv]mclk=210を追加し、
 HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Matrox\PowerDesk\Current Settings
 というキーを作り、Flip On VBlankという文を作って、0を入れてDDを上げました。

投稿者
RNN14さん


戻る