SCSIはツライネ

ちょっと自作ネタ続きだが、現状使用してるSCSI-HDについて。
このページのどこかにあるであろう、我がマシンのスペックを見てもらえると分かるのですが、今の構成は17G(15000rpm)*2(RAID0)のシステムドライブ、34G(10000rpm)のデータドライブ1、137G(10000rpm)*2(RAID0)のデータドライブ2と言った構成になっている。
もちろん、15000rpmの最高速で、接続したかったのだが、大容量のもので10000rpm以上のものが少なく、また、値段も段違いのため、当時それを購入した。
そして、次々と旧ドライブが逝かれて行く間に代替として、RAIDでなく、シングルでのHD追加となった。

ま、ここまで、書けば分かるだろうが、つまり金がなくなった。。いあ、注ぎ込むのが勿体無くなったのだ。。

どんどん大容量化するIDE-HDに対して、SCSI-HDはそれほど大きくならず、また価格も需要が少ないため、高価であり、それに対して供給の多いIDE-HDはどんどん値下げする一方を辿る。

実際、一般向けマシンにおいて、ベンチマークも変わらない訳で、CPUに負荷がかかるIDE-HDも高速化するCPUが頑張ってる訳で・・・

正直、追加するHDはIDEにするかSCSIにするか悩んだ^^;
(結局ケーブル上の問題で、SCSIを選んだ)

ここのところ、データ量も馬鹿に出来ず、容量を求めていくと、どうしても、IDEに傾きが出てしまうところではある。。

最近、ふらり秋葉原行くと、SCSIコーナーは激減しており、大きいお店でないと、もはや置いてもいない状態。
さらに、別店で、「サーバ店」と書かれたお店にある状態。。
これを見て、まじめにサーバ化するかと本気で悩む自分がいる。。

実際やるとなると、引越しからかな^^;


2005/08/17 ゼルビス