聖剣伝説2


故郷に再び帰る

セレクトを押すと使用キャラクターを順番に変えられますよね。
そのときに、ストーリー上自分の村を追い出されるイベントがあります。
そのあとに仲間が増えていくわけですが、追い出されたあと、仲間がいる状態で村に立っている男に向かってセレクトを連打すると徐々に中に入っていきますww
そのまま入ることができますw
(あんまり意味はありませんけどね。)

魔法クリティカル

魔法はその精霊を使うと経験値が入ります。
精霊のレベルが8になったとき、(7だったかな?9だったかな?)たまに魔法クリティカルが発生します。(正式名称、超魔法)
発生した魔法は以下の特徴があります。(うろ覚えですが。)
1グラフィック処理が重くなる。
2グラフィックが一瞬止まる
3威力がやたら高い
とまあ、こんな感じになるわけです。
これが発動するとヒールウォーターなんか使うときに集団であっても800以上回復も夢じゃありませんw
(999は単体なら普通に出ますけどね)
リバイブ(蘇生呪文)を使うと普通は少量回復ですが魔法クリティカルだと、全快しますw

通常アイテムで蘇生

味方が倒れたとき、(HPが0の状態)すばやく(厳密にはタイミングが重要ですが)HP回復を使うとそのままHPに加算されて立ち上がりますww
HP回復系なら「まんまるドロップ」でも「ぱっくんチョコ」でもヒールウォーターでもかまいません。(ヒールウォーターはタイミングが難しいですが。)
タイミングを誤れば使ったのに回復せず、アイテムは消滅し、永眠してしまう事例もありますので注意。

これが真の反則技

はじめに:この技を使った瞬間、聖剣伝説2はあなたのお楽しみであるゲームという立場そのものを聖剣伝説2自ら破壊してしまいます。ご注意を。
ポポイが魔法を使った後、精霊のグラフィックが消えた瞬間にもう一度魔法を発動させると魔法をチェインさせることができます。
敵は一切動けず、ただひたすら魔法を食らうだけ…
そして与えた総ダメージはダメージ表示のときに一括で引き落とされます
雑魚敵はもちろんボスにも…
MPが切れたら終わりですけどね。
ちなみにこれは俗に言う単なるハメ技であり、外道であります。。
使用上の注意をよく読み使用してください。

敵の魔法痛恨

味方が倒れたときに魔法を食らうと恐ろしいダメージを食らいます。
聖剣伝説2のダメージ計算は加減法で行われているため、
3人だと60ダメージを3人が食らいます。(基本ダメージの数値です。あと、例えです)
2人だと90ダメージを2人が食らいます。
1人だと180ダメージを1人がくらいます。
終盤なんかで食らうともう・・・
ようは味方が倒れたらすぐに蘇生しろってことです。
精神とかでダメージも変わってきますが。

戻る